コーヒーの品種や種類

コーヒーの豆にはいろいろと品種や種類があります。そう言った豆そのものの種類がちょっとずつ味覚を変えるので、意識して選んでみるといいです。とにかく味のいい豆を希望するなら、マンデリンかブルーマウンテンを最初に選びましょう。苦さとこく、香気が非常に優れた豆の代表です。
メーカーとは英単語にするとmakerです。コーヒー飲料をmakeする機器がコーヒーメーカーだと解釈できます。多種多様なタイプが存在しており、喫茶店からもオリジナルのメーカーが販売されています。どこかのコーヒーショップのコーヒーが好きなら、喫茶店の出すコーヒーメーカーを手にいれましょう。
プロの味のコーヒーが味わいたいならコーヒー専門店に行くのがいいですね。コーヒー専門店といっても個人でやっているお店とドトールをはじめとするチェーン店のよい点は、個人経営のコーヒー専門店よりもメニューの値段が比較的リーズナブルであることとお店がたくさんあるので足を運びやすいという点が挙げられます。
家でもすぐに楽しめるコーヒーです。最初は砕いた豆を紙のフィルターに入れて、煮立って沸騰する寸前のお湯を豆に軽く注ぎます。少し蒸らした後でその次は勢いよく熱湯を注ぎ掛けてください。ペーパーフィルターの真下にマグカップを置いて、液体を受け止めてみるといいです。

最近では素敵なデザインをあしらった包装がいろいろあるので、コーヒー豆を商品のままギフトの1つとして渡してもおしゃれです。しかしコーヒーは大好きな人も嫌いな人も居ます。宗教上の教義からコーヒーを拒否する人も居ます。その辺りに注意しながらコーヒーをギフトに選択してみるといいです。
豆のまま購入しなくても、街の中にはいろいろなカフェがやっています。そうしたコーヒーショップなら運良ければ1杯100円程で満足のいくコーヒーが満喫できます。すごく高額でも数百円なので、美味しいコーヒーを飲みたいならちゃんとした喫茶店に出かけてみるといいです。

コーヒーの歴史とかのような日本スペシャルティコーヒー協会主催の定められた知識を履修し、認定試験にパスするとコーヒーマイスターの資格を得ることができます。わが国ではコーヒーについての初の認定資格であり、今では全国で2000人以上が資格を持っています。取得者は大阪などの大都市の人が大多数です。
コーヒーミルとは英語でmillになります。辞書をひくと、millと言う単語は何かの物体を細かく粉砕するという定義になります。コーヒーのミルも同じで、コーヒーの豆を製粉する目的のツールをコーヒーのミルと呼びます。日本では昔からコーヒー挽きと言いました。今ではコーヒーミルという用語が主流になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*