カフェオレの飲み方

日本でのアメリカンコーヒーの由来は、米国から帰ってきたある人が米国と同じようにわが国のコーヒーも何回でも飲めたらいいと考えたところから始まったらしいです。それからアメリカでよく楽しまれていたコーヒーをまねて作ってアメリカンコーヒーになりました。
深く炒ったコーヒービーンを速いスピードで抽出するという方法のエスプレッソは、それゆえにほかのコーヒーよりカフェインが含まれる量が多くありません。エスプレッソは、当然としてストレートで飲む以外にもミルクを加えてカフェオレやカフェラテ、カプチーノなどとして飲んでもおいしいです。
本来カプチーノとわれるものは、エスプレッソコーヒーに泡立てた牛乳を混ぜたもので、香りをつけるためにココアパウダーといったものをトッピングして飲まれています。本場のイタリアでは朝食時にクロワッサンとかとともに飲まれることが伝統的です。
日本人も大好きなモカなのですが、コクがあり甘みも強く、果物のようなフレーバーとともに特有の酸味もあることによって、コーヒーとして飲まれるほかにもケーキやゼリーというようなスイーツ類やパン類また多種多様な料理にもよく用いられています。

本当はダッチコーヒーと呼ばれるものはインドネシアで生産されていたコーヒー豆なのだそうです。オランダ人がこのコーヒービーンを一般的なドリップ式で抽出したところ、その独特な香りやテイストがおいしくなくて喜んで飲めるように工夫されて作られたものがダッチコーヒーの由来です。
優雅なイメージのあるカフェオレですけれども、カフェオレの由来はフランス語で、カフェはコーヒー、オは前置詞、レはミルクのことを意味します。はじめはコーヒーは高級品だったので裕福でない人だったとしても楽しめるようにコーヒーの量に対して同じ量のミルクを加えて作られたようです。

深い香りのするコーヒーをお望みならばブレンドコーヒーを推薦します。ブレンドコーヒーはひとつの豆作った場合とは違い、各々の豆のもつうまみが引き出されて、調和のとれたテイストだと思います。そのお店だけのブレンドコーヒーが人気の高いお店もいっぱい見かけます。
ウィンナーコーヒーという名前から思わずウォンナーソーセージが乗っているコーヒーを思い浮かべたりしてしまいますよね。ですが、ウィンナーコーヒーとはコーヒーに生クリームを入れたコーヒーのことをいい、外国では「カフェ・ヴィエンヌ」と言われ、似たような飲み物にカフェ・ヴィエノワといわれるコーヒーも知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*