コーヒーが作れる地域

不確かな説が錯綜しているコーヒー文化です。どの時点からをコーヒー文化の歴史と語っていいのかすら謎なのです。元々コーヒーは今のように焙煎するのではなく果実を煮出して薬として利用していたという資料も存在しています。現代のようにコーヒー豆を人類が焙煎し始めた時期は13世紀ほどだと考えられています。
エチオピアが原産と言われるコーヒーの豆ですが、最近では南米やハワイ島など熱帯のエリアで栽培が盛んに行なわれています。そのような産地によってコーヒー豆はジャンルが識別されており、ほとんどワインと同じように地域別で特徴が認識されています。そのような特長の差を、世界中のコーヒー通が楽しんでいます。
安定剤といったような添加物も入っているので、缶コーヒーは飲まないようにしているという声もけっこう多いようです。そういえば缶コーヒーの風味はカフェで飲むコーヒーと比較してどこかおいしくないような気がします。それでそうなのかもしれませんが、ヨーロッパなど欧米においては日本ほどは缶コーヒーは需要は少ないようです。
どこででもとても愛されている嗜好飲料はやはりホットコーヒーです。ホットコーヒーの消費が多い場所はアメリカ、ドイツ、日本という順位で、その次にはフィンランド、ノルウェー、スウェーデンの順となっています。コーヒーは生産国でももちろん愛飲されていますけれども、ほとんどは外国へ渡っています。

岩波書店が出す辞書をチェックすると、コーヒーに関する解説は長く書かれております。豆を火でいって挽き粉に砕いたものといった記述が一番にきています。その砕かれた豆に熱湯を注ぐとすぐに、その絞り汁が飲料になります。熱湯をかけるときには、粉が飲料に混ざらないようにフィルターで分別する必要があります。
夏になると飲みなくなるドリンクとしてアイスコーヒーが思い浮かびます。さて、アイスコーヒーを大阪の言葉ではレーコーといわれます。それはアイスコーヒーは冷たいので「冷コーヒー」、そこからレーコーになったみたいです。最近では大阪でも年配の人しか話さない言葉になりつつあります。

何でもやり過ぎは良くありません。コーヒーも飲み過ぎは良くありません。しかし、ちょうどいい分量のコーヒーなら、体にもいいです。日課として1日1杯飲み続けると身も心もいい状態になります。特に心がリラックスできるので、仕事などの合間に摂取するだけでリフレッシュできます。
世界の各地で飲まれているコーヒーです。とは言え世界各国で微妙に好き嫌いは違います。アメリカ人は薄いコーヒーを好き好み、イタリアの人はエスプレッソなど濃いコーヒーを好んで飲みます。日本人はブルーマウンテンをコーヒーの最高級品だと思っていますが、そう信じている人種は日本人のみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*